週刊リメンバーテンダイス

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊リメンバーテンダイス 第8回

<<   作成日時 : 2007/12/11 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

週刊リメンバーテンダイス 第8回

『すいその しんぞう ってなんですか ?』


星見記者
・メビウス@海法よけ藩国
古参記者
・室賀兼一@リワマヒ国
新人記者
・蒼のあおひと@海法よけ藩国
・奥羽りんく@悪童同盟
司会進行
・南天@後ほねっこ男爵領

#敬称略
*この番組は、天領宰相府の提供でお送りします。

/*/

メビウス@星見司 :こんばんはー

蒼のあおひと :こんばんはー

室賀兼一@古参 :こんばんはー

南天 :今晩和、皆様、本日はよろしくお願い致しますー

奥羽りんく :こんばんはー よろしくお願いいたしますー

室賀兼一@古参 :よろしくおねがいいたします〜

蒼のあおひと :よろしくお願いいたします〜

メビウス@星見司 :よろしくおねがいします

メビウス@星見司 :今日は初心者と言うことでいいんですよね

南天 :ええええー!そんなあ(泣)>メビウスさん

メビウス@星見司 :という嘘をかますお約束

奥羽りんく :メビウスさん(笑)

南天 :(いじめ?(泣)

室賀兼一@古参 :あはは(笑)

蒼のあおひと :素敵だ(笑)

南天 :ここ、紙面にいれますよー(笑)<(本当に入れた。司会者の反乱)

メビウス@星見司 :TRPGを知らない人ー と言われたら全員手を上げるお約束に同じ
         いいですよ <紙面

南天 :それでは、座談会を始めさせていただきます
   狽ヲうぇえー>いいですよ

奥羽りんく :はーい(お行儀正して聞く準備)

南天 :(あまり司会者をいじめないでくだs(泣)

蒼のあおひと :はいー(体育すわりで聞く準備)

メビウス@星見司 :うぃーっす <はじめます

室賀兼一@古参 :はいー(ガウンに身を包みワインをくるくるさせながら)

奥羽りんく :(ばくしょう)

蒼のあおひと :Σ ブ ル ジ ョ ワ だ !

奥羽りんく :むしろセレブ!?(笑)

室賀兼一@古参 :この日のために復習してきました!

メビウス@星見司 :セレブとは、名士のことですから、まぁ、無名世界間界隈ではエースはセレブに含まれるでしょう。

・9日目・朝 水素の心臓ルート Iコース
http://blog.tendice.jp/200512/article_52.html
・瀧川救出作戦(前編) GPM、式神の城、世界の謎、水素の心臓合同ルート
http://blog.tendice.jp/200512/article_53.html

奥羽りんく :えーと、質問です。
      水素の心臓ってなんですか?(超根本)

蒼のあおひと :なんですか!(初心者)

メビウス@星見司 :水素の心臓ですか

室賀兼一@古参 :むかーしアルファシステムのサイトに連載されていたWebコンテンツ、でしたよね。

メビウス@星見司 :第3世界の物語です
         水素の心臓と言うのは、水素の心臓と言う技術があるから”水素の心臓”という物語群で総称されています

奥羽りんく :ふむふむ

室賀兼一@古参 :第三世界年表からはじまって、「ひまわりフロントライン」「ダーリン&ヴァルキリー」「軍神物語」などの物語がありました。

奥羽りんく :では、ええと、水素の心臓という物語群の中に、タカツキという方が出ていらっしゃったんですか?

蒼のあおひと :軍神タカツキさんですか?<軍神物語

メビウス@星見司 :そうそう。軍神物語

室賀兼一@古参 :軍神物語に登場するタカツキ中佐(タカツキ・マサヤ)ですね。

奥羽りんく :お名前はたくさん見かけるのですが、どなたなのだろうとおもっていたのです<タカツキさん
      (たしかAマホるるぶにも、ホークムーンって出ていたような気が!)

南天 :エースの鷹月さんと何か関係ってあるのでしょうか??>軍神タカツキ

蒼のあおひと :名前だけは知ってるけれど…というキャラが大勢います(汗)

室賀兼一@古参 :いえ、ホークムーンこと鷹月さんが、ハンドルネームつけるときにタカツキ中佐のファンだったんでつけた、んだったかとおもいます。
        (違ったらごめんね>鷹月さん)

メビウス@星見司 :どうでしょう(笑 <鷹月さん

南天 :なるほど、元ネタがタカツキさんなんですねー

奥羽りんく :ああ、では別人さんだったのですね〜…(知らなかった!)

南天 :人戦車というのが、瀧川救出作戦にでてきたのですが
   人戦車ってなんですか?(タカツキさんが引き連れてらっしゃったー

室賀兼一@古参 :人戦車、マン・タンクといいます。

奥羽りんく :マン・タンク…?

室賀兼一@古参 :水素の心臓の力を使って人から変身する生物兵器です。 

メビウス@星見司 :えーと、水素の心臓と言うのはですね。
         遺伝子をいじる素子なのです

南天 :わ、悪いものですか??>生物兵器

室賀兼一@古参 :水素の心臓の世界では軍の正式装備として使われています。

奥羽りんく :生物兵器が正式装備…そうか、第3世界はそういう世界なんですね。

メビウス@星見司 :んで、人戦車の心臓を持つ人は、自らの遺伝子をいじって人戦車に変身できるのです
         ちなみに、元に戻るのも余裕 <遺伝子をいじれるんで

蒼のあおひと :心臓の種類はいろいろあるんでしょうか?

室賀兼一@古参 :いろんな種類があるようです。先ほど出たタカツキ中佐は
        指揮官の証であるテレパシー能力を付加する心臓である、「諸王の心臓」というのをもっています

メビウス@星見司 :あります。最強の心臓は”水素の心臓”です。これはすべての遺伝子を自由自在に操れると言われます。
         一方、他の心臓はある機能に特化していることが多いです

蒼のあおひと :なるほどー。

奥羽りんく :最強が、水素の心臓なんですね。なるほどー。

南天 :おおお、たくさんあるんですね。知らなかった

蒼のあおひと :質問です。
       ・9日目・朝 水素の心臓ルート Iコース
       ⇒http://blog.tendice.jp/200512/article_52.html

       タカツキが窓の外を見やれば、そこではノイ・アルトとウラル・カナンが走って遊んでいた。
       大昔の仲良し達。二人とも木の中で人生を中断され、結果俺だけ歳を取ってしまった。
       とありますが、木の中で人生を中断されたというのはどういうことなのでしょう?

室賀兼一@古参 :これはですね。水素の心臓の1エピソード、軍神物語にて、ノイ・アルト、ウラル・カナンの人物紹介のところでかかれています。
        神話の木と言う木に世界を救うためその身を差し出し、人生を一度中断させたことが、二人にはあります。

室賀兼一@古参 :もともとノイ・アルトちゃんだけが人生を中断するはずだったのが、一人ではさびしいだろうとウラル・カナン君が一緒に中断したため、二人とも同級生だったタカツキとは大きく年の差が出来てしまいました。

奥羽りんく :うわ…それはそれでなんだか切ないです…;;

室賀兼一@古参 :中断とは、人物紹介から読み取る限りにおいては、神話の木という木の中で眠りにつくようなことだと思われます。

室賀兼一@古参 :中断の結果として、ウラル・カナン君は木を操る心臓を得ることが出来ましたので、きっと心臓を得るための儀式のようなものの一つ、なのかも知れませんね。

蒼のあおひと :身を差し出す、という言葉からずっとそのまま眠り続けるのかと思ったのですが、目覚めることができたのですね。
       なるほどー

『次回予告:皆の大好きなシーン1位に選ばれたあの事件をもう一度!書記連創設秘話!の2本立てでお送りします!』

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
週刊リメンバーテンダイス 第8回 週刊リメンバーテンダイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる